日ごろは、日本経済新聞のご愛読いただきありがとうございます。

この度、日本経済新聞社は平成 29 年 11 月から日本経済新聞の月ぎめ購読料を朝夕刊セットで
現在の 4,509 円から 4,900 円(消費税込み)に、朝刊のみを 4,299 円から 4,690 円(同)に
改定させていただきます。

編集・製作過程の合理化をはじめ、これまで様々な経費削減努力を重ねることでコスト増に
対応してまいりましたが、カラー化など印刷設備更新のための負担も重くなってきました。
クオリティーの高い新聞を皆様にお届けしていくためには、価格改定をお願いせざるを得ないと
判断いたしました。これまで以上に経費削減努力を徹底しながら、付加価値の高い情報を
発信してまいります。どうぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

詳しくは、日本経済新聞 10 月 6 日付け朝刊に社告として掲載されております。
11 月には紙面改革を実施し、さらにコンテンツを充実します。

日本経済の復活に向けた処方箋を描く大型新連載や別刷り特集、デジタル時代の情報ニーズに
応える新設面をお届けします。今後もニュースを深く掘り下げ、新たな視点を提供する解説、
分析に一層力を入れます。パートナーである英フィナンシャル・タイムズ(FT)とともに、
世界に張り巡らせた取材網の総力を結集し、確かな未来への指針を示すグローバル・メディアとして
紙面に磨きをかけてまいります。読者の皆様には、引き続きご愛読いただきますよう、
心よりお願い申し上げます。

===[ 記 ]===
•「日本経済新聞朝夕刊セット料金」(平成 29 年 11 月より)
税込み購読料 4,509 円(現行) → 4,900 円(改正)

•「日本経済新聞朝刊のみ料金」(平成 29 年 11 月より)
税込み購読料 4,299 円(現行) → 4,690 円(改正)

•「日本経済新聞朝刊一部売り料金」」(平成 29 年 11 月 1 日より)
朝刊定価 160 円(現行) → 180 円(改正)